メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

    

政界往来へのご出稿について

 

 

社会 / SOCIETY

追及レポート③ 旧統一教会―国際勝共連合と安倍政権・自民党との関係を執拗に攻撃し続けるジャーナリスト――その「意図」「背景」を探る

編集部  公開日時:2019-07-13

 

6月19日、菅原一秀自民党衆議の練馬事務所で何があったのか?!

 亥年選挙の総決算となる参院選の火ぶたが切って落とされた。7月21日の投開票日まで、各政党・候補者の熱い戦いが続く。その選挙戦の公示前にした6月19日、菅原一秀自民党衆議の地元練馬事務所に警察官が踏み込んだ、という。一体なにがあったのか――。


「そこまでやりますかね」――その“事件”の経緯を聞いたフリージャーナリストのS氏はこうつぶやいた。ちなみにS氏は業界に40年以上も生息している長老ともいうべきジャーナリスト。
“事件”とは自民党衆議・菅原一秀氏の練馬区にある地元事務所に警察官7人が踏み込んだ騒動を指す。事務所側が練馬署に通報したから警察官が駆け付けたわけだが、一体なにがあったのか――。
 去る6月19日、菅原事務所に『やや日刊カルト新聞』の記者2人が訪ねてきた。それより前、2人は菅原氏に話を聞くべく同


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方はこちらからログインして記事の続きをお楽しみください。

 

   メールアドレス  

 

   パスワード    

 

   

 

 

まだ会員になっていない方へ 会員登録のご案内

 

 会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

 

区切り線