メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

美人詐欺師「坂井増由美」――その斬新な手口とは?!

編集部  公開日時:2018-06-23

 

 詐欺事件が後を絶たない。詐欺師というヤカラ、その時々の話題を道具に使う。今なにかと話題になっている一つに仮想通貨があるが、これを材料にした詐欺が水面下で進行しているという。その“首謀者”が美人詐欺師となると、これが表面化すればガ然注目されること請け合いだ。         (文中1部敬称略)


 これまで事件モノを中心に取材――記事化してきた筆者であるが“詐欺師モノ”も少なくなく、なかには女詐欺師による事件も扱った。
 これは詐欺事件に限ったことではないが、女性が絡んだ事件では、よく“美人――の”という形容がつく。直近ではさしずめ和歌山県の“美人若妻”。
 とくに週刊誌で見られる傾向だが、この冠をつけた方が読者の目を引くからで、なかにはフツウの顔の女性が起こした事件でも美人―【なになに】―だ。
 しかし、ここに登場する女詐欺師は“美人詐欺師”のタイトルを付けても決しておかし


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方はこちらからログインして記事の続きをお楽しみください。

 

   メールアドレス  

 

   パスワード    

 

   

 

 

まだ会員になっていない方へ 会員登録のご案内

 

 会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

 

区切り線