メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

化学兵器容認せずとの米英仏の決意支持=シリア攻撃で安倍首相

政界往来  公開日時:2018-04-16

 

安倍晋三首相は14日午後、米英仏がシリアへの攻撃に踏み切ったことを受け、「化学兵器の拡散と使用は絶対に許さないとの米英仏の決意を日本政府として支持する」と記者団に語った。

その上で「今回の行動はこれ以上の事態の悪化を防ぐための措置と理解している」と述べた。

〓cf.〓
米英仏がシリア化学兵器施設を攻撃、米国防長官「1度限り」

トランプ米大統領は13日、シリアのアサド政権の化学兵器関連施設を標的とした精密攻撃を指示し、米英仏軍は共同で14日未明にシリアを攻撃した。

トランプ大統領は、シリアが化学兵器の使用をやめるまで攻撃を続ける用意があると述べた。米英仏の軍事行動は、7日に反体制派が拠点を置くシリアの東グータ地区のドゥーマで化学兵器が使用されたとみられることを受けて実施された。

大統領はホワイトハウスからのテレビ演説で「シリアの独裁者アサドの化学兵器関連施設に


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方はこちらからログインして記事の続きをお楽しみください。

 

   メールアドレス  

 

   パスワード    

 

   

 

 

まだ会員になっていない方へ 会員登録のご案内

 

 会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

 

区切り線