メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

最弱の帝王・習近平はいかにして一強体制を築いたか

政界往来  公開日時:2018-03-24

 

 昨秋の第19回中国共産党全国大会、そして今春の人民代表大会を経て習近平政権の「一強体制」はいよいよ鮮明になった。

 思えば2012年の第1期政権発足前後、我が国では彼を「共産中国最弱の帝王」と酷評する声すら聞かれたものだ。だが政権1期目の5年間を経た後、2期10年という中国政府トップの人事慣例を破り、憲法すら改め、いまや2022年以降の政権3期目も視野に入れた布陣を着々と築いていると伝えられる。

「最弱の帝王」はいかにして一強体制を築いたか

 1976年の毛沢東の死は、当時は「人類史上空前の魂の革命」と神聖視され、いまや「大後退の10年」と総括される始末の文化大革命(1966年~1976年)の終焉をも意味した。その時からの40余年の歩みを思い起こすと、中国の変化は凄まじいばかりだ。毛沢東の路線を大逆転させ、鄧小平が対外開放に踏み切ったことで中国は「世界の工場」へと突き進


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方はこちらからログインして記事の続きをお楽しみください。

 

   メールアドレス  

 

   パスワード    

 

   

 

 

まだ会員になっていない方へ 会員登録のご案内

 

 会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

 

区切り線