メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

追及第2弾!   前代未聞、驚くべき“詐欺家族”の手口

編集部  公開日時:2018-11-19

 

かつての同僚を標的に“家族ぐるみ”で詐欺を繰り返す

 去る9月25日付で報じた前代未聞の“泥棒・詐欺家族”。この事件で登場する人物が全て親族なのだから、こんなタイトルを付したのだが、とにかく驚くべく「家族」だ。その後の取材で、この家族のさらなる悪質なやり口が判明した。


 問題の事件について簡単に振り返る。被害者は定年まで板橋区役所に勤務していたS氏。そしてS氏を食い物にしてきた“主役”がS氏の部下だった角谷千鶴子だ。
 最初は200万円だった。角谷がS氏から引っ張った金額である。ここで保証人として登場するのが角谷の弟の藤井桂。
 その3ヵ月後に1500万円だ。このとき、角谷が“道具”に使ったのが妹の藤井静子の土地で、そして該地は近く建設される圏央道の予定地で土地が収用されれば3000万円以上の補償金が入るという、角谷の巧妙な話がある。
 さらにだ。“追加”の600万円… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線