メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

日大・田中理事長、狡猾「逃げ切り」画策 W杯や夏休みに紛れうやむや狙う…

政界往来  公開日時:2018-06-20

 

世間みくびった上層部の総意

 アメリカンフットボールとは、相手陣営に攻め込みタッチダウンを奪うもの。逃げの一手では無気力試合でペナルティーさえ科される。悪質タックル問題で大揺れの日本大学。トップとして、いまだ謝罪も見解も示さない田中英寿理事長(71)に非難の声は高まるばかりだ。だが、日大関係者によると、このトップ、「いずれ世間の注目も収まる」と「逃げ切り」のシミュレーションを本気で練っているというから開いた口がふさがらない。

 7日発売の週刊文春が、「日大アメフト部OBが決死の告発『私は内田前監督に裏金1500万円を渡した』」という衝撃的な記事を掲載した。

 警察当局も関心を抱いているというこの記事を事前に察知したのか、日大側は6日、内田正人前監督(62)が、取締役に名を連ねる同大の“集金マシン”「株式会社日本大学事業部」の取締役を辞任したと発表した。

 「理由は一… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線