メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

ウイグルが鳴らす日本への警鐘

政界往来  公開日時:2018-05-16

 

 中国によって奪われた独立を取り戻すべく戦っているウイグル人組織のひとつ、「東トルキスタン亡命政府」の大統領で、詩人でもあるアフメットジャン・オスマン氏にお話を伺う機会を得た。

 現在、中国・新疆ウイグル自治区と呼ばれる東トルキスタンは、中国の一帯一路構想の一部であり、石油と天然ガスの大産地だ。

 この地で、中国はこれまで50回近い核実験を行い、彼らの文化を奪い、「民族浄化」を続けている。

 90万人近い人たちを強制収容し、ウイグル語の使用を禁じたばかりか、街中に監視カメラを備え付け、住民の行動を厳しく監視している。

 こうした非人道的な仕打ちに耐えかねたウイグル人が実力行使に及べば、国際社会は「テロ」と非難する。

 だが、同氏は、「自分の『国』を守る行為がテロなのか?」と問いかける。

 彼自身、帰国したら国家分裂の罪で死刑は免れない。国を失うとは、こう… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線