メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

高嶋政伸が語った「壮絶介護」高島忠夫・寿美花代の今

往来2  公開日時:2018-05-15

 

「おふたりともかなりのご高齢ですからね。寿美さんも今はかなり衰弱されているようです」(芸能プロ関係者)

 寿美さんとは、高島忠夫の妻・寿美花代のことだ。87歳と86歳の夫婦は、現在ふたりとも身辺の世話が必要な状態になっているという。

「高島さんはすでに介護施設に入っているという噂もあります。自宅には寿美さんがおひとりで住んでいて、自宅介護の状態なんだとか……」(同・芸能プロ関係者)

 '13年に『カスペ!』(フジテレビ系)で、日常生活もままならない夫を寿美が懸命に支える“老老介護”の姿がドキュメンタリー番組として放送された。それから5年が過ぎ、寿美も介護される側になってしまったというのだ。

「この番組は、やせ細った高島さんが弱々しい姿をカメラの前にさらしたことで話題に。会話中に眠り込んでしまうひと幕もあり、生々しい映像でした。当時82歳だった高島さんを支え… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線