メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

前川喜平氏は「教育の中立性」侵すな

政界往来  公開日時:2018-05-15

 

 文部科学省前事務次官の前川喜平氏は2月16日、名古屋市の公立中学校に講師として招かれ、全校生徒を対象に「総合的な学習の時間」の授業を行った。テーマは、前川氏の生き方を学ぶというものであった。これについて文科省は3月1日、15項目の質問を名古屋市教育委員会にメールで送り、前川氏を呼んだ授業の狙いなどを問い合わせた。

≪文科省調査は合理的根拠がある≫

 この文科省調査について、「教育の中立性を侵すもの」であるとの批判が一部でなされている。また、前川氏自身も、教育基本法第16条が禁じる「不当な支配」にあたる可能性が高いと発言している。

 さらに、文科省調査の背景には自民党議員の照会があったといわれ、与野党で議論となった。15項目の質問は、文科省という役所の品位を傷つけた前事務次官の行動への怒りがにじみ出ているが、一般人にはあまりに執拗(しつよう)で細部にわたるという印象がある… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線