メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

受信料「合憲」はNHKに試練 「豊かで良い番組」はめっきり減った

政界往来  公開日時:2018-03-23

 

 いま、特需によって大繁盛している組織がある。ヒット商品を出したり、斬新なサービスを提供したりしている民間企業ではない。それは公共放送のNHKだ。

 昨年12月6日、最高裁大法廷はNHKの受信料制度を「合憲」とする初判断を示した。さまざまな理由から未契約だった人たちも受信料の支払いに法的義務を負う。視聴者からの申し出による受信料契約数が、昨年12月は通常月の5倍に激増したという。さらに利益剰余金(内部留保)は平成30年度末でなんと767億円にもなる見込みだと報じられている。

 NHKは現況に大満足かもしれないが、一方で、この判決こそがNHKにとって最大の試練ともなろう。信条的な理由から受信料の支払いを拒否してきた人たちも、今後は支払いを免れられず、受信料は税金の名を冠しない事実上の税金という性質を帯びるようになった。

 事件が発生すればNHKは民放テレビ局や新聞社と比較に… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線