メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

白ブリーフ裁判官がまたやった

政界往来  公開日時:2018-03-23

 

女子高生殺害事件に不謹慎ツイート

 東京都江戸川区で2015年、都立高校3年の岩瀬加奈さん(当時17歳)が殺害された事件に関し、東京高裁の岡口基一裁判官(52)が“不謹慎”なツイート。これについて高裁が22日、遺族に対し「本人が直接謝罪したいと話している」と伝えた。

 この事件では、高裁が昨年12月1日の判決で、強盗殺人罪などに問われた青木正裕被告(31)に対し、一審・東京地裁と同じ無期懲役を言い渡した。これを受け、裁判を担当していない岡口裁判官が自身のツイッターに「首を絞められて苦しむ女性の姿に性的興奮を覚える性癖を持った男 そんな男に、無惨にも殺されてしまった17歳の女性」と書き込み、遺族が「非常に不愉快」として高裁に処分を求めていたのだ。

 高裁関係者が説明する。

「岡口裁判官はツイッターのホーム画面に自身の白ブリーフ姿の写真を載せているのですが、2年前にも『… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線