メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

歴史用語の「精選」 人描いてこそ興味が湧く

政界往来  公開日時:2018-01-16

 

 高校の歴史教科書の用語が多すぎるとして一部教員らのグループがまとめた「精選案」が、物議をかもしている。坂本龍馬ら国民に親しまれる歴史人物の名を外し、「従軍慰安婦」などを採用した。それで正しく、楽しく学べるのか。

 高校や大学教員ら約400人でつくる「高大連携歴史教育研究会」(会長・油井大三郎東大名誉教授)が公表し、意見を募っている。

 精選案は日本史と世界史それぞれ1600余語にしぼった。現在と比べ、ほぼ半減だという。大学入試との悪循環で、授業が用語の説明に追われている。暗記より思考力育成につなげる狙いだ。

 精選の動機は理解できる。しかし提案された用語をみると「学ぶ楽しさを実感できる授業」につながるのか大いに疑問である。

 採用された「従軍慰安婦」は戦後の造語で、旧日本軍による「強制連行」と誤解させる。「南京大虐殺」は中国側の宣伝に基づくもので史実とはいえない。… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線