メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

アメリカザリガニ 自然界に放すのはやめて

政界往来  公開日時:2018-01-15

 

 少年少女の皆に守ってほしいことがある。

 君たちの中にはザリガニを飼っている人もいるだろう。赤茶色で大きなハサミを振りかざすアメリカザリガニだ。

 このザリガニを川や池などに放さないでもらいたい。絶対に、だ。

 この夏、生物観察でアメリカザリガニを飼育していた人は、まとめが終わったことだろう。新学期になったので彼らを自由にしてやろうと思うかもしれないが、それは厳禁だ。

 自然界に出たアメリカザリガニは、雑食性で猛威を振るう。

 トンボの幼虫のヤゴや、ゲンゴロウといった水生昆虫を食べてしまう。貝類も被害を受ける。タナゴは二枚貝に産卵するので、ザリガニが増えるとタナゴたちは姿を消してしまうことになる。

 アメリカザリガニは水草類も盛んに食べる。そのとき、ハサミで水草の茎を切る。大型の個体ほど植物を好むので大変だ。

 アメリカザリガニの増加によって、希… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線