メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

詐欺を繰り返す「詐欺師のレジェンド」磯辺裕樹

編集部  公開日時:2016-12-25

 

今度は「横領」の“併せ技”が明るみに!

 詐欺師という属性は手を変え品を変えて詐欺を繰り返す。その典型的な男が磯辺裕樹だ。
21年に新聞の社会面を賑わしたが、実は同じころ表面化しなかった磯辺が仕掛けた“もうひとつ”の事件があったのだ。詐欺に加えて横領だ。それが今、明るみになろうとしている――。


 磯辺裕樹という人物がいる。「職業」は詐欺師だ。かつて「日本プライベートバンキングコンサルタンツ」(略称JPB 東京都千代田区)という仰々しい社名の会社を経営していた。資本家向けの私的な資金運用銀行とのフレこみだが、

「ズバリ詐欺会社。磯辺は顧客に次々と訴えられて全て敗訴。本人は逮捕を免れたが詐欺容疑で逮捕された者もいた。その磯辺といえば、1部の金を返すという和解を無視、殆ど支払わず海外に逃亡した。7年ほど前の事件です」(当時、磯辺を取材した週刊誌記者)

 とのことだか… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線