メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

爆買い客が中国に持ち帰った最も貴重なお土産とは?

政界往来  公開日時:2017-02-01

 

日本流ビジネスを自分たちのモノにしていく中国人

 2014年と2015年、中国人は2年連続して国外で1兆元を超える買い物をした(中国商務部)。2015年には、日本にも1.4兆円を上回る中国人の旅行消費がもたらされた(日本政府観光局)。

 今、中国では、そうした国外での「爆買い」を国内でも行わせようと官も民も躍起になっている。

中国人ための免税店

 内需喚起を唱えても中国人が一向に国内で買い物をしないのは、国内に欲しいものがなかったからだ――。こう悟った中国政府は、消費者が欲しいものを国内で手に入れられるように国内企業と共に手を打ち始めた。

 その1つが今夏、上海市内にオープンした免税品店である。およそ3300平米の敷地に、世界の一流ブランド品がずらりと並ぶ。商務部によれば、2015年に中国人は世界のブランド品の46%を買い漁ったという。この免税品店に来れば、中… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線