メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

ドゥテルテ大統領「変心」に気をもむ習主席

政界往来  公開日時:2016-12-16

 

 フィリピン大統領、ドゥテルテは東南アジア諸国連合(ASEAN)域外では初の外遊の地として中国を選んだ。しかも5年ぶりの公式訪問だった。北京で「米国との経済、軍事上の決別」まで宣言させただけに、国家主席の習近平は勝ち誇っている。と思いきや、少し雲行きが怪しくなってきた。

■「中国はふられた。だまされたのだ」

 「ドゥテルテは、中国からカネをせしめてフィリピンに帰国するや、すぐに顔を変えた」

 今、中国のインターネット上で、こうした議論が沸騰している。“顔を変える”とは、京劇の幕間や酒席で演じられる伝統芸で、一瞬にして別人の顔に変わる「変面」を指す。本来は、中国のお家芸だが、今回はドゥテルテが演じた。いわゆる変心である。

 直接的なコメントは「中国はふられた。だまされたのだ」。気の利いた書き込みには「借金のための(米国との)偽装離婚だ。中国では良く目にする」というもの… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線