メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

転落死「太地喜和子」が最後に立ち寄った「ランジェリースナック」

往来2  公開日時:2016-03-15

 

 さまざまな女を演じ、奔放な男性遍歴を重ね、酒を豪快に飲む――。女優の太地喜和子の人生は、その名のとおり太かったとはいえ、自動車ごと海に落ち、短くして途絶えるとは、本人も思わなかっただろう。あの晩、何があったのか。

 ***

「あの時、男優が“オーライ”って言うからバックしたのよ。彼は酔ってベロベロでしたけどね。車が後ろからスーッと海に入ってズルズル行っちゃう途中、もっと窓を開けようとしたことまでは覚えているんですけど。あとはいきなり水が入ってきて、苦しかったことしか覚えていません」

 48歳の太地を乗せた車が海に落ちたのは、1992年10月13日午前2時すぎ。運転していた斉藤静江さんは事故から6年後、本誌の取材にこう語っていた。

 1カ月にわたる旅巡業が翌日終わるはずだった10月12日の晩、太地は男優2人を伴って、静岡県伊東市の街に繰り出すと、まず「かっぽれ」とい… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線