メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

ベッキー叩きは弱い者いじめだ!

往来2  公開日時:2016-01-30

 

もう一度言う、ベッキーだけが叩かれるのはおかしい! 不倫や犯罪、パワハラをしても大手芸能事務所なら報道されないのに

 本日発売の「週刊文春」(文藝春秋)2016年1月28日号に、ベッキーと川谷絵音(ゲスの極み乙女。)の新たなLINE流出画像が掲載され大きな波紋を広げている。

 流出したLINEのやり取りは、ベッキーが会見を開いた前日(1月5日)のもので、そこには「逆に堂々とできるキッカケになるかも」「ありがとう文春!」「センテンス スプリング!」といった言葉が綴られていた。

 これにより、一時収束していたベッキーバッシングが再度復活。ワイドショーでもここぞとばかりに批判を再開。たとえば、『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)ではキャスターの小倉智昭が「LINEを見られていると分かった後のやりとりでしょ? バカじゃないの? なんでこんな不用意なやりとりをするの?」… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線