メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

日本が圧倒的強さで当然受賞したノーベル物理学賞

政界往来2  公開日時:2015-10-16

 

梶田隆章さんの業績を称えると同時に次から次を期待する

 いつ来ても不思議でない、全く当然のものが、たまたま今年来たわけね・・・。

 物理にわずかでもタッチしたことがある人なら、誰もがスーパーカミオカンデのニュートリノ振動のノーベル賞受賞をそのように思います。

 それくらい当たり前のこと、人類が科学を手にし、宇宙を認識するようになってこの方得られた成果の中でも、飛び抜けて重要な結果が、万が一にもノーベル物理学賞を受けないなどということがあれば、その方がよほど問題でしょう。でも、そういうことは実際に起きてしまうことがある。

 例えば今回の業績は、何千人という物理学徒の献身的な労苦によって達成されたものですが、もしその代表を選ぶなら、第一に名が挙がらねばならない人はノーベル賞を受けることができませんでした。

 戸塚洋二さん、この人こそ、ニュートリノ振動の観測で本当に… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線